JOAセミナー&オリンピック・レクチャー028開催案内

下記要項にて、JOAセミナーおよびオリンピック・レクチャー028を開催いたします。

  • 非会員で参加をご希望の方は、JOA事務局までメールにてご連絡ください。
  • 会員は、当日15時より総会が実施されますので、総会出欠届とあわせてレクチャーへの出欠をご提出ください。

会員専用「総会・セミナー・レクチャー出欠届」のページを見る(クリック)

日 時::2017年5月28日(日)
JOAセミナー 9:30~12:45 (参加費1,000円、学生無料)
JOAオリンピック・レクチャー028 13:15−14:15(参加費無料)

場 所:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン9階309B
http://www.meiji.ac.jp/campus/suruga.html

昼食代:500 円(要・申込み)

 

◆JOAセミナー◆9:30−12:45

<JOAセミナーの目的>(海外セッション派遣委員会)

国際オリンピック・アカデミー(IOA)が毎年オリンピア等で開催する各種セッションに参加する JOA 会員の事前研修・情報伝達を主目的に、他の会員等も自由参加して、毎年開催している。今回は、今年度IOA各種セッションの共通テーマである「スポーツとオリンピック・ムーブメントにおけるガバナンス」を中心に討論を行う。

<本年のセミナーの内容>

開会の挨拶: JOA会長 笠原 一也 /海外セッション派遣委員会委員長 望月 敏夫

第1部 講義と討議(各テーマ講義20分、質疑応答5分)

(1)オリンピック憲章及び第2期スポーツ基本計画における”ガバナンス”
真田 久(JOA副会長、筑波大学)
(2)ガバナンス概念の国際的由来とオリンピック界における適用
望月 敏夫(JOA理事、早稲田大学招聘研究員)
(3)競技団体のガバナンス
藤原 庸介(JOA副会長、JOC理事)
(4)2020東京大会におけるガバナンスの状況
雑賀 真(元東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会チーフコンプライアンスオフィサー)

第2部 IOA等セッション参加経験者と本年参加者との意見交換

(1)IOA等セッション参加経験者と本年参加者との意見交換 (所属は派遣時)
・ 第14回 NOA理事者セッション  大津 克哉(東海大学)
・ 第56回 IOA青年セッション  福田 佳太(筑波大学大学院)、早川 怜菜(明治大学)
・ 第20回マレーシアNOAユースセッション  杉並 伸勉(筑波大学大学院)、早川 怜菜(明治大学)
・ 第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)ボランティア参加報告  唐澤 あゆみ(オフィシャルボランティア、東海大学)
(2)本年の青年セッション参加者によるプレゼンテーション
青柳 秀幸(国士舘大学院)、時田 瞳(日本体育大学大学院)

 

◆ JOAオリンピック・レクチャー028 ◆ 13:15−14:15

テーマ:TOPとしてのオリンピック・ムーブメントへの貢献

趣 旨:
IOCが推し進めるオリンピック・ムーブメント(OM)は、NOCだけでなく、多様な組織が様々なかたちで参画し、展開されている。IOCのスポンサーを務める企業もまた、「パートナー」として、OMの進展に大きな役割を担っている。オリンピック大会の開催に、高度な技術や多額の費用を要するようになった今日、企業の技術的・資金的支援といったサポートは、欠かすことができないものとなっている。
パナソニック株式会社は、1988年のカルガリー冬季大会から、IOCの最上位のスポンサー(TOP)をつとめており、現在のところ、2024年までこの契約は締結されている。IOCが創設したこのスポンサーシッププログラムに、設立当初から継続して契約している企業は、世界的にも稀有な存在である。パナソニック株式会社は、OMのどのような点に賛同し、支援を続けているのであろうか。
東京2020大会を3年後に控えた今、オリンピック大会への機運は高まりつつあるが、オリンピズムに対する理解が深まってきたとは言い難い。オリンピズムという理念を普及し浸透させていくために、今一度OMの価値を認識するとともに、その展開方法を検討していく必要があるのではないだろうか。

本レクチャーでは、OMへの貢献という、JOAと共通の目標を有するパナソニック株式会社が、TOPとしての使命をどのように受け止め、今後どのように果たそうと考えているのか学び、OMをより進展させるためJOAは何ができるのか、その可能性を考える機会としたい。

 

講 師:園田 俊介 氏
(パナソニック株式会社 ブランドコミュニケーション本部 宣伝部 スポンサーシップイベント推進室 室長)

 

 


コメントは受け付けていません。