[特設サイト]2020年「JOAハウス」

JOAの中長期目標と「JOAハウス」

 本年は、いよいよ東京2020大会が開催されます。この東京2020大会の開催は、JOAにとってもオリンピック・ムーブメントを展開するための絶好の機会です。

 JOAはここ何年間か「オリンピズムの普及と浸透」という中長期目標を掲げてきました。この好機に、国内のオリンピック・パラリンピック愛好家だけでなく、東アジアを始め世界中のオリンピック・パラリンピック関係者に対しても、JOAの活動をご理解頂くとともに、共同してオリンピズムのご理解と普及・浸透を図りたいと考えています。

 そのために、東京オリンピック大会の会期中に「JOAハウス」を設置し、国内外からの来館者に対して、JOAの活動を広く周知するとともに、共に活動する機会を設けることにしました。是非ともJOA会員皆様のご来館をお待ちしておりますが、その運営に際しても、格別のご高配賜りますよう、お願い申し上げます。

 

お問合せ先:NPO法人日本オリンピック・アカデミー内
      「JOAハウス」実行委員会
専用メールアドス:joahouse@olympic−academy.jp
 (スパム対策のため全角表示しています。)

 

「JOAハウス」企画主旨

 JOAは「オリンピズムの普及と浸透」を中長期目標に掲げています。このためのオリンピック・ムーブメントの一環として、武蔵野大学の支援と協力を得て、「東京2020オリンピック大会」の期間中に、武蔵野大学有明キャンパス内に「JOAハウス」を開設します。
 このハウスでは、JOA各委員会の活動の展示、世界各国のNOAメンバーおよびIOAメンバーとの交流、外国のオリンピック研究者(院生も含む)等との情報交換、武蔵野大学の学生や教職員および一般市民や外国の観戦者との交流機会を提供する予定です。
 また、東京大会は、酷暑下で開催される見込みであるため、JOAハウスは暑さよけのシェルターハウスとホスピタリティ・ハウスの役割を兼ねることができます。
 国内外の参加者に向け、記憶に残る交流サービスによって、大会に参加する方々、大会を支援する方々の「心のレガシー」を遺すことを願っています。
 なお、このようなハウスの設置は、国内オリンピック・アカデミーによるオリンピック大会開催地での初めての試みとなります。

「JOAハウス」設置・運営のために
        寄附金を募集します

 JOAハウスは2020年東京オリンピック大会の第2聖火台に隣接する武蔵野大学有明キャンパスに設置される予定です。会場については、武蔵野大学のご協力を得ることができますが、広報・運営のための人件費・展示や映像映写のための費用をJOAの会費予算だけで賄うことは困難です。
 大会開催期間中、会場となる武蔵野大学には「ホストタウンハウス」も設置されることから、多くの来場者との交流が可能になると考えています。しかし、多くの来場者を迎えようとすればするほど、経費も必要になります。
 そこで、関係諸団体や公式スポンサー等のご支援を得ながら、予定されている運営経費約400万円のうち、半額の200万円をめざして、多くの方からの寄附を募ることといたしました。
 非営利組織である日本オリンピック・アカデミーのこれまでの活動へのご理解をいただき、ぜひともご協力のほど、お願いいたします。

寄附のお申込みは、募金趣意書の最終ページに必要事項をご記入の上、JOAハウス実行委員会までメールにて送信していただくか、本サイトの専用申込みフォームをご利用ください。

 

寄付金の募集概要

1口 2,000円
 (10口以上のご寄付をいただいた方には、記念パーティー等へのご招待券などの特典を予定しています)
募集期間 2020年2月16日(日)〜7月23日(金)
寄附振込先
三菱UFJ銀行 渋谷中央支店(店番 345)

普通 0379780
口座名義:特定非営利活動法人 日本オリンピック・アカデミー 理事 望月敏夫
口座カナ:トクテイヒエイリカツドウホウジンニホンオリンピックアカデミー

 

 なお、この特定寄付金および付随する個人情報は、日本オリンピック・アカデミー寄附金等取扱規程および個人情報取扱規程に従って適切に取り扱います。また現段階での「JOAハウス」における展示や各種イベントは、準備等の都合により変更されることがあり得ることをご承知おきください。

お問合せ先:NPO法人日本オリンピック・アカデミー内
      「JOAハウス」実行委員会
専用メールアドス:joahouse@olympic−academy.jp
 (スパム対策のため全角表示しています。)