JOAユースセッション2007 <人見絹枝生誕100年記念シンポジウム>

このイベントの開催要項(PDF形式)を印刷する
このイベントのポスター(Word形式)を印刷する    

 今年は、日本女性最初のオリンピアンであり、メダリストでもある人見絹枝さん(1907-1931)の生誕百年にあたる。岡山出身の人見さんは、陸上競技選手として、また新聞記者として、当時まだ男性中心であった日本のスポーツ界への女性進出の先導役を担うと共に、海外遠征で遭遇・実体験したスポーツ本来のよさを伝え、広めようとした。短い生涯でありながらリーダーとして献身した人見さんの努力とはどういうものであったのか、それを、アスリートや指導者としてスポーツ界、教育界を担おうと志している若者へ伝えたい。また、人見とオリンピックとの関係に焦点をあて、彼女が記した日記や著作、新聞記事などを手がかりに、オリンピックの本来的意義を再確認すると共に、2016年夏季オリンピック大会の日本招致に当たり、誇りをもって国内外に提示しうる、類のないオリンピックの開催意義、理念が見つかることも期待している。

日 時:2007年8月4日(土) 13:00~17:00
     ※人見さん命日8月2日 ※※4日は「オープンキャンパス」開催中
会  場:環太平洋大学 http://www.ipu-japan.jp/
     ※所在地:岡山市瀬戸町観音寺721(*JR山陽本線「東岡山駅」から車で5分)
対  象:オリンピック・ムーブメントに関心のある大学生、中高生、および教員・スポーツ指導者ほか約300名
参加費:無料  ※JOAの社会貢献活動として実施
主  催:NPO法人日本オリンピック・アカデミー(猪谷千春会長)
共  催:環太平洋大学、筑波大学オリンピック・ムーブメント研究室
後  援:岡山県、財団法人岡山県体育協会、財団法人日本オリンピック委員会、
     財団法人日本陸上競技連盟、特定非営利活動法人日本オリンピアンズ協会、
     毎日新聞社、山陽新聞社、日本放送協会岡山放送局、OHK岡山放送、
     RSK山陽放送、TSCテレビせとうち
協  力:日本女子体育大学、人見家

内 容
●オープニングスピーチ 13:00~13:30
  猪谷 千春 (JOA会長・IOC副会長)
    「オリンピック・ムーブメントにはたす若者と日本への期待」
●シンポジウム「人見絹枝にみるオリンピック精神」 13:45~15:45
  シンポジスト
   永井 純 (環太平洋大学体育学部長)   ※アスリートしての人見の活躍と功績より
   小笠原敦子(毎日新聞社岡山支局長)   ※新聞記者としての人見の活動や言葉より
   來田 享子 (中京大学准教授、JOA理事) ※女性スポーツの振興者としての献身より
  コーディネーター
   竹村 瑞穂(筑波大学博士課程、JOA指導・普及委員会委員)
   真田 久 (筑波大学准教授、JOA理事)
●特別講演 16:00~17:00
  有森 裕子
   「私にとっての人見さん、そしてオリンピック・ムーブメント」


コメントは受け付けていません。