第86回JOAコロキウム 報告

日 時:2009年9月9日(水) 18:00-20:00
     (ご注意:定例の第3水曜日ではありません)
場 所:「新中野切手サロン」(地下鉄丸ノ内線「新中野」駅、4番出口)
      電話:03-6454-1405
      住所:中野区中央4-1-3 BONITA新中野ビル6階
           薬屋(一本堂)のあるビルの6階です。
テーマ:映像で見るオリンピックの歴史:原点に帰れシリーズ:第3回目

題 材:『古代ギリシャからの贈り物』(NHKBS1 2004.5.6放送分)(50分もの)

1.原点回帰シリーズ第3回目:古代オリンピアの祭典競技の様子の映像でした。BBCが放送したもののNHKBS1版です。当時のオリンピアの祭典競技の様子を再現していくのですが、シドニー大会の現代オリンピック映像と比較したコラボレーションのつくりでした。英国のスワドリング教授が主な解説をし、ギリシャの研究者も補足する形で話が進みます。宗教上の祭典からレスリングなど裸の身体を賛美した当時の価値観をうまく構成していました。アリストテレスはペンタスロンを当時の最高の競技と称えたのこと。アスリート(アスロン=賞品を求めて競技する者)がポリスで賞品や地位などで優遇されたが、しかし、勝利という結果のみでなく流儀や気品も重んじられたそうで、これが現代のプロアスリートとの違いがあるのかも知れません。不可解な立ち幅跳びの技術はやはりわかりにくいですね。紙などの文字文化がまだの時代でしたから記録が不十分なのでしょう。

2.評価レポート解説:サマリーにある文言の表現から順位を予想し、具体的な改善指摘が何か紹介しました。

終了後は、いつものように「もんし」にて居酒屋談義で盛り上がりました。


コメントは受け付けていません。