第32回JOAセッション開催のお知らせ

以下の要項にて、第32回JOAセッションが開催されます。
非会員の方でも参加していただくことができます。
ご希望の方は、参加申込書をダウンロードして必要事項をご記入の上、FAXをお送りいただくか、お名前、ご住所、電話番号、ご所属、JOA会員・非会員の別、学生の場合は、学部生・院生の別、参加を希望される行事名を明記の上、メールをお送りください。
メールで申し込みをされる方は、必ず件名に「JOA参加申込」とご記入ください。
FAX、メールともに参加申込の締め切りは11月30日(月)です。

期 日 : 2009年12月13日(日)
会 場 : 明治大学リバティータワー 1021(2階)
〒101-8301東京都千代田区神田駿河台1-1
Tel.03-3296-4545(JR御茶ノ水駅より徒歩5分)
http://www.meiji.ac.jp/koho/desukara/campus/suruga.html

テーマ : 東京オリンピック・パラリンピック招致のレガシー

趣 旨 :
2016年のオリンピック・パラリンピック競技大会の開催地はブラジルのリオ・デジャネイロに決まり、東京開催の夢は実現しなかった。今回の招致プロセスには、招致の成否に拘わらず、招致のレガシーを残すことが求められていたので、招致活動を通して得られたレガシーを確認し、それらを育てることは、今後のオリンピック・ムーブメント、パラリンピック・ムーブメントの進展につながるものと思われる。
本セッションでは、2016東京オリンピック・パラリンピック招致活動のレガシーについて、さまざまな視点から検討し、今後のムーブメントのあり方を展望したい。

主 催 : NPO法人 日本オリンピック・アカデミー

共 催 : 財団法人 日本オリンピック委員会(依頼中)

後 援 : 国際オリンピック委員会
(依頼中)国際オリンピック・アカデミー
文部科学省
財団法人 日本体育協会
NPO法人 日本オリンピアンズ協会
財団法人日本障害者スポーツ協会・日本パラリンピック委員会
財団法人 ミズノ国際スポーツ交流財団
財団法人 嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター

内 容 :
13:00〜13:15 開会式
13:20〜13:50 基調講演 猪谷 千春(JOA会長)
「2016東京オリンピック・パラリンピックの招致活動を振り返って」

14:10〜16:40 シンポジウム
「東京オリンピック・パラリンピック招致のレガシー」
(コーディネーター) 荒井 啓子(学習院女子大学)・大津 克哉(東海大学)
(シンポジスト)
パラリンピアンの立場から    河合 純一(パラリンピアン、静岡県教育委員会)
オリンピック教育の立場から    鯨岡 廣隆(東京都教育庁)
オリンピック・ムーブメントの立場から 中森 康弘(日本オリンピック委員会)
メディアの立場から          結城 和香子(読売新聞社)

参加費 : 会員1,000円  非会員1,500円  学生無料

懇親会 : トラットリア・レモン 17:00〜19:00(会費5,000円)

参加申込: 11月30日(月)までに「参加申込書32th_joa_session」を下記にFAXしてください。
e-mail で申し込まれる方は、必ず「件名」に「JOA参加申込」と明記の上、お名前、ご住所、電話番号、ご所属、JOA会員の有無、学生・院生の有無、参加される行事名をお知らせください。

FAX   03-5300-1240
E-mail gotms@kisc.meiji.ac.jp(スパム対策のため全角表示)
JOAセッション委員会   後藤 光将(明治大学政治経済学部)


コメントは受け付けていません。