第94回JOAコロキウム 報告

日 時:2010年5月26日(水)18:00-20:00
(注意:定例の第3水曜日ではありません)

場 所:「新中野切手サロン」(地下鉄丸ノ内線「新中野」駅、4番出口)
電話:03-6454-1405
住所:中野区中央4-1-3 BONITA新中野ビル6階
薬屋(一本堂)のあるビルの6階です参加者:7人

テーマ:映像で見るオリンピックの歴史:「お宝映像を探せ!」シリーズ

題 材 前半:IOC版「OLYMPICA!オリンピック100年の歴史」4(日本語吹き替え版55分)
オリンピック3連勝していたサネイエフ(旧ソビエト、3段飛び)が80年モスクワ大会で敗れる。米豪の争いに食い込んだ84年ロス大会のグロス(独、水泳男子200m自由形)のアルバトロス泳法。個人総合で敗れたコマネチ(80年モスクワ女子体操)と25分の判定待ち。88年ソウル男子100mでのルイス・ジョンソン・クリスティーの争いとジョンソンのドーピング。ジャッキー・ジョイナー・カーシー(女子七種競技)と夫のコーチが目標とした自己ベスト。初登場女子柔道のヒメネス(キューバ)の優勝。アウィータ(キューバ、男子5000m)の快走。懐かしい映像でした。92年バルセロナのドリームチームの
映像も楽しめましたが、ボブ・リチャーズという選手は知りませんでした。48年ロンドンから棒高跳びに3回連続出場し、ヘルシンキ、メルボルンで連続優勝した米国選手です。お宝映像がふんだんでしたが、名前などの誤訳や直訳の解説には驚きでした。
(JOAセミナーで舛本理事がレクチャー予定の「オリンピック・バリュー」について資料が配付されました。)

終了後はいつもの居酒屋談義です。快気祝いもかねました。


コメントは受け付けていません。