第119回JOAコロキウム 報告

日 時:2012年6月20日(水)18:00-20:00(定例の第3水曜日ではありませんのでご注意下さい!)

場 所:「新中野切手サロン」(地下鉄丸ノ内線「新中野」駅、4番出口徒歩1分) 電話:03-6454-1405

住所:中野区中央4-1-3 BONITA新中野ビル6階(LOWSONのあるビルの6階です。ビル1Fが変わりました。)

テーマ:映像で見るオリンピックの歴史:「お宝映像を探せ!」シリーズ

題 材:前半:『オリンピックの軌跡:挑戦と情熱』(2巻もの)(英語版:日本語字幕版90分)
内容:①エピソード3「壮大なオリンピックの開会」:大会の概要は、シドニー、バルセロナ、ロス、ベルリン、ソウル、アトランタ、北京、アテネの順。その理由は不明。開会式のクライマックスの様子やトピックスがインプレッシブに描かれていました。アリの点火の様子など懐かしい開会式やアテネの保安訓練など問題のシーンが目白押し。 フリーマンのアボリジニとオーストラリア国旗を結んだウィニングランの様子や1920年コカコーラが初めてスポンサーとなった広告のシーンも記録されていました。 ②エピソード4「偉大なオリンピックのヒーロー達」では、市川崑、グリーンスパン、レニ・リーフェンシュタールの映像も多数用いられて、ザトペック、シェルボ、パウエル、ヌルミ、ルイス、オーウェンス、モーゼス、ウィンクラー、ワイズミューラー、ペレス、空飛ぶ主婦クン婦人、ピエトリの失格シーン、バウマン、ゲブレセラシエなど有名無名のオリンピアン達の活躍?する姿を今に伝えてくれました。
終了後はいつものように居酒屋談義です。(今回は院生の参加が無く、平均年齢が大いに上がった次第です。)


コメントは受け付けていません。