オリンピックコンサート2012 報告

報告者:舛本直文(首都大学東京・JOA理事)

JOCによるオリンピック運動の一環として毎年実施されているオリンピックコンサートですが、今年は時と場所を変え、10月4日(木)19:00より東京国際フォーラムのホールAにおいて開催されました。藤岡幸夫指揮「東京フィルハーモニー交響楽団」演奏、ナビゲーター藤本隆宏氏のもと、2時間半の映像と音楽の競演、ロンドン大会出場のオリンピアン・パラリンピアン32名の登壇もあり、彼らの活躍を映像とトークで振り返りました。

JOAは例年のようにWGを編成し、展示ブースを出して広報活動をするとともにオリンピック運動を展開しましたので、簡単に報告させて頂きます。

JOAの展示ブースは2020年オリンピック・パラリンピック東京招致委員会ブースの隣でした。來田理事を中心とした広報委員会および東海地区会員の総力を挙げた力作ポスターのパネル展示(オリンピック教育、オリンピック運動、YOG、女性とスポーツに関するポスター)、佐藤会員の努力によって実現した聖火リレートーチ6本(アテネ2本、北京3本、ロンドン1本)の展示と記念撮影、JOA Timesの配布などの活動を行いました。さすがに聖火リレーのトーチの人気は高く、多くの方々にトーチを手にして記念撮影をして頂けました。ポスターは残念ながら字が小さかった感があります。しかしながら、杉並会員(東海大学学生WGメンバー、写真)の言に「多くの笑顔のお手伝いが出来ました」とあったように、参加者の皆さんにいい笑顔で写って頂きました。

2012年ロンドン大会の聖火トーチを手にする杉並会員(撮影:佐藤会員)

2012年ロンドン大会の聖火トーチを手にする杉並会員(撮影:佐藤会員)

2度目の有料のコンサートでしたが、多くのオリンピアン達の参加もあり、お客さんも思った以上に多く、成功裡に終わったと思います。ただ、個人的には6月23日のオリンピック・デーの関連事業として、その時期の土日に実施して欲しいオリンピック運動イベントであると再確認しました。平日でなかなかお手伝い頂けませんでしたが、佐藤会員を中心とするオリコンWGの皆様、どうもご苦労様でした。

WG:藤原庸介副会長、和田恵子専務理事、來田享子理事、佐藤政廣会員、木村華織会員、杉並伸勉会員(東海大学生)、舛本
お手伝い:平見助手(中京大学)、小野暖未さん(中京大卒業生)
聖火トーチ協力:猪谷千春名誉会長、サムスン電子ジャパン(株)、日本コカ・コーラ(株)


コメントは受け付けていません。