JOC「オリンピック・コンサート2013」報告

Olympic_Concert20132013年6月23日(日)17:00-、まさにオリンピック・デー当日、今年のオリンピック・コンサートが開催されました。これはJOCによるオリンピック運動の一環として毎年実施されているものですが、今年は、9月7日の2020年東京招致決定に先駆けて招致機運の盛り上げも鑑み、6月23日のオリンピック・デー当日に東京国際フォーラムのホールAにおいて開催されました。飯森範親指揮「東京交響楽団」演奏、ナビゲーター藤本隆宏氏のもと、2時間半の映像と音楽の競演、JOCスポーツ賞受賞者でロンドン大会出場のオリンピアン・パラリンピアン、2014年ソチを目指すアスリート達の登壇もあり、彼らの活躍を音楽と映像とトークで振り返り、また激励をしました。

JOAは例年のようにPTを編成し、展示ブースを出して広報活動をするとともにオリンピック運動を展開しましたので、簡単に報告させて頂きます。

JOAの展示ブースは、昨年と同様2020年オリンピック・パラリンピック東京招致委員会ブースの隣で多くの人で賑わいました。今年のJOA展示のメインテーマは「日本のオリンピック・レガシー」。來田理事を中心とした広報委員会および東海地区会員、真田理事、田原会員らの総力を挙げた力作ポスターのパネル展示(クーベルタン、嘉納治五郎、1964東京オリンピック、およびJOAに関するポスター)とチラシの配布を行いました。佐藤会員の努力によって実現した1964年の公式ブレザーの展示には、寄贈いただいた藤崎テーラーも駆けつけて飾り付けしていただきました。聖火リレートーチ4本(アテネ2本、北京2本)の展示と記念撮影、JOA パンフとスポーツ芸術協会の機関誌の配布など、様々な広報活動を行いました。さすがに聖火リレーのトーチの人気は高く、多くの方々にトーチを手にして記念撮影をして頂くことができました。今回はポスターの字を大きくして読みやすいようにし、詳細はチラシで勉強していただく方式に変えました。用意したチラシ200部はあっという間に裁けました。東海大学学生PTメンバー(写真)や中京大学の院生さん達の力によって、今年も多くの方々にトーチを手に持って笑顔で写って頂きました。

3度目の有料のコンサートでしたが、今回も多くのオリンピアン達の参加もあり、お客さんも思った以上に多く(約3000人)、成功裡に終わったと思います。今後とも、6月23日のオリンピック・デーの関連事業として、その時期の土日に実施して欲しいオリンピック運動イベントであることを痛感しました。また、この様なコンサートに参加することによって、多くのオリンピアン・パラリンピアン達がスポーツと文化を融合するというオリンピズムの精神に触れていたのが嬉しい限りです。JOA展示の撤収を終えて有楽町駅に向かう地下通路には多くのファンの皆様が行列を作ってオリンピアン・パラリンピアンの帰りを待ち受けていたのが印象的でもありました。

当日はJOA会員には残念ながらあまりお手伝い頂けませんでしたが、佐藤会員を中心とするオリコンPTの皆様、どうもご苦労様でした。ご支援いただいた企業の皆様にも感謝申し上げます。

 

PT:藤原庸介副会長、和田恵子理事、來田享子理事、真田久理事、田原淳子会員、佐藤政廣会員、和田浩一会員、木村華織会員、和田拓弥・石塚創也会員(東海大学生)、東海大学大津研究室の学生4人、大野益弘会員、舛本直文(JOAオリコンPT代表)

聖火トーチ協力:サムスン電子ジャパン(株)、日本コカ・コーラ(株)

写真パネル展示協力:フォートキシモト(松原茂章会員)、『スポーツと芸術』(スポーツ芸術協会)

(文責・舛本直文理事)


コメントは受け付けていません。