第151回JOAコロキウム 報告

第151回コロキウム報告

・日 時:2015年2月13(金)18:00-20:00
・場 所:「新中野切手サロン」
・参加者:12名
・テーマ:映像で見るオリンピックの歴史
・内 容: 2008年北京大会の開会式(NHK:日本語 約4時間もの,前半)

NHKの中継は青山裕子アナと三宅民雄アナの二人.谷村新司氏がゲストです.北京大会の開会式は4時間にも及ぶ大絵巻と長々しい入場行進です.演出のチャン・イーモウ監督は,開始から中国の伝統文化を壮大な絵巻物として描いていきます.先ず,CG花火の巨人の足跡が鳥の巣に向かいます.缶(カン)と呼ばれる打楽器とLEDの照明は,古代と近代を結ぶテクノロジーですが,それに2008人の人海戦術とともに,中国の統率ぶりを演じます.弟子達3000人による「友遠方より来たる,また楽しからずや」と孔子のメッセージ.紙漉と水墨画を描くダンサー2人により,文字と記録メディアの伝統,活版印刷や羅針盤などの古代中国の発明品がアピールされていきました.中国の大航海時代は,この羅針盤の発明故との解説がつきます.

平和メッセージは,LEDを身に纏った人々によって鳩を描くことによって表明されました.ご存じのように,この開会式では,世界の首脳達80数人が列席しました.その中にはプーチン首相もいました.その一方では,国際世界ではこの2008年8月8日にグルジア紛争が勃発しています.プーチンは何もなかったかのように貴賓席で観戦しています.口パクが問題になった少女も,56の民族衣装を着た子ども達も体面を気にする中国のヤラセでした.

2時間も続く入場行進は,中国の漢字で表した国名の画数順.日本は23番目ですが,ざっと飛ばして見て終了です.台湾への完成がひときわ大きいのが印象的でした.中国の行進では四川大地震で活躍した少年が,旗手の陽明(ヤオミン)と手をつないで入場していました.


コメントは受け付けていません。