第189回JOAコロキウム 報告

第189回JOAコロキウム 報告

・日 時:2018年4月11日(水)18:00-20:00

・場 所:「スポーツマンクラブ」

・参加者:8名(学生1名含む)+情報交換会から1名参加(計9名)

・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」

・内 容:

①オリンピック・パラリンピック関連情報の提供&H29年度JOAコロキウム決算報告
2026年冬季大会立候補検討都市(dialogue phaseに向けて)、Flexibility a Strength in Sapporo’s 2026Bid(以上、今井会員)、五輪マスコット6月に名前発表(東京新聞)、福島市が「アクション&レガシープラン」策定(産経新聞)、北朝鮮の参加 IOCの性急さ(毎日新聞)、国連広報センター国連ビデオキャンペーン、聖火リレーコンセプト発表(TOCOG)、聖火リレー全国114日間(朝日新聞)、IOC会長政治的な動きが目に余る(産経新聞)、折り鶴作りで「五輪休戦」学んで(東京新聞)、神田外語大の平昌冬季五輪通訳ボランティアで参加した学生報告会(毎日新聞)、自転車競技コース「道志みち」案浮上(毎日新聞)、秩父宮記念スポーツ博物館のサービス停止問題(以上、舛本)

②修論紹介「学校教育における教育目標とオリンピック・パラリンピック教育の関係性-児童の資質・能力育成の観点から」(青柳会員)

③2014年ソチ冬季パラリンピック大会閉会式(OBS:約1時間)
ソチのパラリンピック大会の閉会式の様子を一部観ました。閉会式のテーマは”Reaching the Impossible.”見所は “Impossible”のキューブ文字が”I’m Possible”に代えられていくパートでした。車椅子の男性が腕だけで高さ15mのロープをよじ登り、Iとmの間に「’」を取り付けたのです。この「I’m Possible」は現在のパラサポセンターのパラ教育のタイトルになっているのですが、由来はこのシーンでしょう。

 

<JOA事務局アドレス>inform@olympic−academy.jp(スパム対策のため全角表示しています)

 


コメントは受け付けていません。