第190回JOAコロキウム 報告

第190回JOAコロキウム 開催報告

・日 時:2018年5月23日(水)18:00-20:00

・場 所:岸記念体育会館1F「スポーツマンクラブ」(最寄駅:JR原宿駅)

・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」

・内 容:

①    オリンピック・パラリンピック関連情報の提供

  • 2020大会組織委員会CFO中村英正氏講演要旨(今井会員)
  • 日大アメフト問題にある「ゆがんだ構図」、ラグビーW杯 街づくりの起爆剤に(以上、日本経済新聞)
  • 「五輪を語ろう」最終走者 誰が担う? 聖火リレー全体像 聖火ランナー選考「他薦」も検討、東京都方針 五輪期間 宿泊税取らず 公約から対象拡大(以上、毎日新聞)
  • 30年目標変更 早期結論を 冬季五輪招致で札幌など、東京五輪 入場券価格は継続協議 有識者会議で論議、五輪で「泳げる川」実現へ パリと港区が協力、ホテルのバリアフリー遅れを懸念 IPC東京パラ準備で(以上、東京新聞)
  • TMU2020伝道講座Ⅲ、IOC announces first ever Olympism in Action Forum, Buenos Aires 2018 YOG、東京2020教育プログラム学校事業認証について、上智大学平昌パラリンピック調査団調査報告会、蘇演から60年を迎えた『オリンピック賛歌』の物語(以上、舛本)

②    2016年リオパラリンピック大会開会式(NHK:約1.5時間)

リオのパラリンピック大会の開会式の様子を一部観ました。開会式のテーマは”The heart has no limits. Everybody has a heart.”IPCのクレイバン会長がロンドンから身支度をしてリオの会場に姿を現す。車椅子の選手がスロープで大ジャンプし、式典の開始でした。サンバやボサノバのリズムに合わせたビーチ風景がブラジルらしさを描き出します。選手の入場行進はIPA(難民選手団)からでした。組織委員会のヌズマン会長は’You are superhuman’ そして私たちのヒーローだと呼んでいました。IPCのクレイバン会長の挨拶の後、ブラジルのテメル大統領の開会宣言、スタジアム内からは大ブーイングでした。ブラジル政治の一端を表していました。後半では、光の棒を持った人々のパフォーマンスと、障がいのある2人によるダンスパートまで観ました。

情報交換会は今回も「惣兵衛」で開催。13名での大人数での懇親会でした。日大問題、サッカー日本代表監督問題、大谷翔平の活躍やプロ野球談義もあり、今回も様々な議論に花が咲きました。

 

 


コメントは受け付けていません。