第196回JOAコロキウム 報告

第196回JOAコロキウム 報告

・日 時:2018年11月21日(水)18:00-20:00

・場 所:岸記念体育会館1F「スポーツマンクラブ」

・参加者:10名(学生1名含む)+1名(情報交換会から)

・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」

①河瀨直美監督が東京2020大会の公式映画の監督に(トークショーレポート、映画.com、朝日新聞、TOCOG、読売新聞、映画ナタリー)(舛本)

②平昌2018冬季オリンピック公式映画『クロッシング・ビヨンド』(鑑賞報告、トークショーコメント)(舛本)

③オリンピック・パラリンピック関連情報の提供
・TOCOG情報: 国連とのSDGs推進協力に関す基本合意(TOCOG)(舛本)
・IOC関係:Olympism in Action report, 台湾の名称に関する住民投票にIOCが警告、アルゼンチンが2026冬季大会に立候補?(以上、舛本)、シェキー・アーマドIOC委員が活動を休止、カルガリーが住民投票で2020招致否決(以上、今井)
・JOA関係:猪谷千春前JOA会長が第9回日本スポーツ学会大賞を受賞。12月4日に授賞式と記念講演(粟沢)

④2018平昌のボランティア体験、平昌大会からのレッスン、2018平昌のレガシー(PYOCOG)(舛本)

⑤出版情報:吹浦忠正(2018)『オリンピック101の謎』新潮文庫.

⑥2018年平昌パラリンピック大会閉会式(NHK:約1.5時間)
マスコットのバンダビが登場。国民歌「アリラン」の3バージョン演奏と群舞。プロジェクションマッピングも多用。各国の旗手が入場、日本は村岡桃花選手。IPC旗はパラアスリート達の手で。障がいを持つ人たちのパフォーマンスも取り入れられていた。組織委員会会長およびパーソンズIPC会長のスピーチには、ホーキング博士の言葉が引用された。北京へのハンドオーバーセレモニーでは健常者の女性が車椅子でパフォーマンス。おかしいとの声も。

⑦情報交換会は、渋谷の「えん」にて、8名での懇親会でした。飯塚顧問への献杯から始め、200回記念コロキウム、研究フォーラム、JOAハウス案企画など、今回も様々な議論に花が咲きました。

 

<JOA事務局アドレス>inform@olympic−academy.jp(スパム対策のため全角表示しています)

 


コメントは受け付けていません。