第208回JOAコロキウム報告

第208回JOAコロキウム 報告

・日 時:2019年11月28日(木)18:00-20:00

・場 所:JSOSの3F「スポーツマンクラブ」

・参加者:10名(学生1名含む)

・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」

情報提供
①ドイツNOAメンバー交流および絵本の紹介(青柳委員)

②TOCOGの動向(開会式や国旗など)(吹浦会員)

③国立映画アーカイブの「オリンピック記録映画特集」の記者発表および上映状況(パンフレット配布)(舛本)

④オリンピック関連情報の提供(舛本)
・五輪壮行会、公開を原則容認 JOC、規制緩和で対応(東京新聞20191120)
・山下泰裕氏、IOC委員候補へ 東京五輪前にパイプ強化(東京新聞20191124)
・五輪相「30年大会招致近づく」 マラソン札幌移転で(東京新聞20191123)
・札幌やきもき 五輪・・・夏の催し例年通り?(朝日新聞20191116)
・五輪2次抽選、645万件アクセス 公式販売サイト、「強い関心」(東京新聞20191126)
・日本、「多様性と調和」訴えへ 五輪休戦決議で(東京新聞20191124)
・五輪、ロシアは個人資格参加へ WADA処分案、改ざん「深刻」(東京新聞20191126)
・東京五輪選手の被災地訪問を提案 JOC加盟団体会長会議(東京新聞20191126)

⑤オリンピック関連の映像
『The Everlasting Flame: Beijing 2008』Jun Gu監督(2009年、101分)
2008年北京大会の公式記録映画は呉監督。ご存じの有名監督チャン・イーモウは開閉会式演出の総合監督。オープニングは採火式から聖火リレーへと続く。国際聖火リレーの大混乱ぶりは何も触れず。開会式の企画と準備風景、この後物語り化されるオリンピアン達をさらりと写す。聖火リレーではエベレスト頂上へのリレーをしっかり記録している。開会式の花火から壮大な絵巻物、リ・ネイの空中ランニング点火をしっかり写す。選手入場行進は初めてアルファベット順ではない。ポールから吹き出す風で旗をなびかせようとする工夫。花火も風もまがい物か? スーパースターはウサイン・ボルト、歌い踊り普段のボルトや優勝後の仕草や誕生日に200mで優勝したお祝いのソングなど。一方、110mハードルの国民的期待の劉翔の棄権にはスタンドもがっかり。女子体操団体の中国とアメリカ対決、しっかり描かれる。テコンドーのイラン男子ハディ・サエイ選手、イランの女子選手の競技風景も。国民的娯楽の卓球のカバー映像が少ないのに驚く。イシンバエアの女子棒高跳びの優勝シーンも挿入。スローで様々な競技の選手達の悲喜こもごもの姿を捉える。物語は、長距離のハイレ・ゲブラセラシエなどごく僅か。多くの種目を短時間で組み込んで紹介する作品になっている。閉会式はパーティモ-ドで大祝祭。IOCのロゲ会長は「アスリートはロールモデル、この大会はtruly exceptional Games」と締めくくった。何が特別な大会だったのであろうか? ロンドンのウェルカムパートはサッカーのスーパースター、ベッカムも写す。ボリス・ジョンソンロンドン市長にIOC旗が手渡された。

終了後は恒例の情報交換会。いつもの「燈庵」で開催。参加者の間で話題は尽きず、寒いので鍋をつつきながら、楽しく外苑の夜は更けていきました。

 

<JOA事務局アドレス>
inform@olympic−academy.jp(スパム対策のため全角表示しています)

 

 


コメントは受け付けていません。