JOAコロキウム」カテゴリーアーカイブ

JOAコロキウム 第213回報告&第214回開催案内

第213回JOAコロキウム開催報告

・日 時:2020年6月17日(水):19:00-21:00
・場 所:Online Zoom会議
・参加者:12名
・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」

①情報提供
◎オリンピック・パラリンピック関連情報の提供
・パラリンピック記録映像の保管継承問題(NHK):1964年東京パラ大会の記録映像の紹介と来年の東京2020大会のパラ競技の記録映像化への必要性と状況。NHKの放映後はIPCに映像を託す。IPCが作成予定(師岡文男さん)
・「コロナ後のオリンピック」:根本的な議論をJOAで(佐藤次郎さん)
・第212回JOAコロキウムへの参加を踏まえたコメント:-JOAセッション(12月開催予定)へのテーマ「東京2020大会の延期問題」(案)提案に向けて-:JOAで若手MTG、SNSでIOPAメンバーとも(青柳秀幸 嘉正空知 唐澤あゆみ 時田瞳さん)
・「都政新報」30回連載(『都政新報』オリンピック基礎講座:「文化プログラム編」6本)
・TOCOG大会延期の再調整(TOCOGのwebsite資料)
・延期開催に向けた調整のロードマップ(TOCOGのwebsite資料)(以上、舛本)

②自己紹介・近況報告

③意見交換:共通テーマ「東京2020大会の延期問題に関連して」
・延期決定後の最近の動きの確認
 6月10日:TOCOGがIOC理事会に延期に向けた調整状況報告:大会の位置づけ・原則・ロードマップの提示
・現状のメディア関連情報:簡素化案・無観客開催案・規模縮小案・延期案(2022年、2024年)・中止論など確認
・オリンピック開催の必要条件の確認
・JOAとして政策提言の必要性
・若手を中心とした議論の必要性
・地域住民にも開かれた議論の必要性と体制整備
・中止の可能性も含めて、JOAとして根本的な議論の必要性。
・オリンピアンとしては、発言を控えながらもトレーニングせざるを得ない苦しい立場の紹介
・この危機が、オリンピック再考の絶好機であることの再確認!
・7月の都知事選に向けての争点化を注視
・7月のIOC総会(online)に向けて、動きが見えず。 
・IOCバッハ・コーツ、遠藤副会長、高橋理事らの観測気球的発言や先手打ちが目立つ状況。
・経済面では、スポンサーの撤退問題やIOC分配金不足によるIFの資金難問題。
・ホストタウンや合宿受け入れの外国選手問題、2022年北京冬季大会への問題、2021年世界マスターズ大会は?
・今後の大会開催の見通し・開催形態、中止の可能性など、今回も多様な意見が出されました。
◎このような意見を元に、6月28日のJOA総会(online)に臨むこととなりました。

④終了後:online乾杯(参加者5名)約1時間
残り時間はフリーディスカス。コロナ自粛の中での活動状況の紹介など、いつものように話題は尽きず。楽しく時間が過ぎていきました。

 

第214回JOAコロキウム開催案内

・日 時:2020年7月15日(水)19:00-21:00(注意:1時間遅くなっています)
・場 所:Online Zoom会議
・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」
・内 容:
①オリンピック・パラリンピック関連情報の提供(資料はZoomの画面共有機能で提示できます)。操作が難しい方は、wordでもpdfでも添付ファイルで舛本までお送りください。
②意見交換:今回も共通テーマは自由テーマとします。参加者はご希望をお寄せ下さい。
③映像共有:何か時間があれば考えます。YouTube上でも探せます。ご希望があれば考慮します。
④残り時間:フリーディスカス。
⑤終了後:可能な人だけでonline乾杯など自由に

・定 員:15名程度(事前登録制:参加予定の方には後日Zoomへの招待とID・PWをお送りします。
・会 費:無料
・情報交換会:(ドリンクは各自で準備)

☆入室・退室は自由です!
☆通信回線の状況次第で、途切れる可能性もあります。どうぞご理解ください。

◎申込先:JOAコロキウム申し込みサイト:joa_colloquium*olympic-academy.jp
(*は小文字の@に)
☆ただし、このJOAメルマガに直接の返信は避けてください。対応できません!

◎申込み締め切り:7月12日(日)17:00

JOAコロキウム 第212回報告&第213回開催案内

第212回JOAコロキウム開催報告

・日 時:2020年5月27日(水):17:00-19:00
・場 所:Online Zoom会議
・参加者:12名
・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」

①情報提供
◎オリンピック・パラリンピック関連情報の提供
・出版『1964年の東京パラリンピックー全ての原点となった大会』紀伊國屋書店(佐藤次郎さん)
・IOCバッハ会長のメッセージレター(JOC訳版)(師岡文男さん)
・2020-04-29 – CI – Message from the IOC President to Olympic Movement – eng
・「都政新報」30回連載(オリンピック基礎講座:聖火リレー編11本)
・高木ミナ:もう一度考えたい「五輪本来の意義」延期は価値を見直す好機に
・高木ミナ:延期で話題“オリンピック憲章”とは何か「五輪は国家間の競争ではない」(以上、舛本)

②若手報告:嘉正空知さん:Decision-making power of the IOC and its sponsors
・東京2020大会マラソン競技の札幌移転の決定に当たって、誰がどのように決定していったのか、その力関係の報告。IOA参加者間でのディスカッションの報告。IOCのバッハ、コーツらの発言力、スポンサーの問題、日本のアスリート・ファーストの考えは反映されなかったなど。Q&Aでは、オーストラリアの意見が反映されたとの意見も。

③意見交換:共通テーマ「東京2020大会の延期問題に関連して」
・延期決定時の問題:意志決定のプロセスの問題、政界リードの対応状況、JOCの存在感の無さ、1980年モスクワボイコット時の二の舞?
・今抱えている問題:何のために開催するのかなどの根本的な問い直しがないこと。経費増のニュースばかり。どのような形の開催が可能なのか・望ましいのか、に関する議論不足。7月のIOC総会(online)にどのような提案を日本はするのか?動きが見えず。IOCバッハ・コーツ氏らの観測気球発言や先手打ちが目立つ状況の中、日本側の対応が不確か。オリンピズムの再確認やオリンピック運動の一環としての再認識の必要性。IOC分配金不足によるIFの資金難問題。ホストタウンや合宿受け入れの外国選手問題、2022年北京冬季大会への見通しは?
・大会開催の見通し・開催形態:4年先までの延期の可能性(開催都市順送り)まで視野に入れての議論が必要。無観客開催、種目大幅削減開催、分散開催、IFによるコロナ特別ルールでの開催、IT駆使してバーチャル参加(バーチャル・スタジアム)など、多様な意見が出されました。

◎このような意見を元に、JOAコロキウム部門として、12月のJOAセッションのテーマ案として「東京2020大会の延期問題」を提案することとなりました。

④終了後:online乾杯(参加者5名)約1時間

残り時間はフリーディスカス。コロナ自粛の中での活動状況の紹介など、いつものように話題は尽きず。楽しく時間が過ぎていきました。

 

第213回JOAコロキウム開催案内

・日 時:2020年6月17日(水)19:00-21:00(注意:1時間遅くなっています)
・場 所:Online Zoom会議
・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」
・内 容:
①オリンピック・パラリンピック関連情報の提供(各自、何かあればPC上で共有できますので、ご準備ください。先にPC上で開いておくと簡単です。「画面共有」でできますので)。操作が難しい方は、wordでもpdfでも添付ファイルで舛本までお送りください。
②意見交換:今回も共通テーマを「東京2020大会の延期問題に関連して」とします。
③映像共有:何か時間があれば考えます。YouTube上でも探せます。ご希望があれば考慮します。
④残り時間:フリーディスカス。
⑤終了後:可能な人だけでonline乾杯など自由に

・定 員:15名程度(事前登録制:参加予定の方には、後日Zoomへの招待とID、PWをお送りします。
・会 費:無料
・情報交換会:(ドリンクは各自で準備)

☆入室・退室は自由です!
☆通信回線の状況次第で、途切れる可能性もあります。どうぞご理解ください。

◎申込先:JOAコロキウム申し込みサイト:joa_colloquium*olympic-academy.jp
(*は小文字の@に)
☆ただし、このJOAメルマガに直接の返信は避けてください。対応できません!

◎申込み締め切り:6月14日(日)17:00

JOAコロキウム再開案内(第212回コロキウムオンライン会議)

■第212回JOAコロキウム開催案内

・日 時:2020年5月27日(水):17:00-19:00

・場 所:Online Zoom会議

・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」

・内 容:
①オリンピック・パラリンピック関連情報の提供(各自、何かあればPC等の端末上で共有できますので、ご準備ください。先に端末上でファイルを開いておくと簡単です。「画面共有」でできますので)。操作が難しい方は、wordでもpdfでも添付ファイルで舛本までお送りください。

②意見交換:今回は共通テーマを「東京2020大会の延期問題に関連して」とします。

③映像共有:何か時間があれば考えます。YouTube上でも探せます。ご希望があれば考慮します。

④残り時間:フリーディスカス。

⑤終了後:可能な人だけでonline乾杯など自由に

 ・定 員:15名程度、但し事前登録制:参加予定の方には、後日Zoomへの招待とID、PWをお送りします。

・会 費:無料

・情報交換会:(ドリンクは各自で準備)

☆入室・退室は自由です!

☆通信回線の状況次第で、途切れる可能性もあります。どうぞご理解ください。

☆PC、スマートホン、iPad等のタブレット端末から参加できます。

◎申込先:JOAコロキウム申し込みサイト:joa_colloquium*olympic-academy.jp(*は小文字の@に)

☆ただし、このJOAメルマガに直接の返信は避けてください。対応できません!

◎申込み締め切り:5月24日(日)17:00

皆様、時節柄、どうぞご自愛ください!
#stay strong, #stay active, #stay healthy!

【重要】JOAコロキウムの当面開催中止のご案内

第212回以降のJOAコロキウムを当面の間、開催中止とします

すでに3月25日開催予定の第212回JOAコロキウムについて、残念ながら中止とすることをお知らせしました。

いまだ新型コロナウィルスの感染拡大傾向は収まらず、市民ひとりひとりが、感染拡大防止のためにできることを模索する状態が続いています。参加者の皆様、社会全体の安全・安心を第一に考え、JOAコロキウムの4月、5月開催は中止とし、6月以降についても未定とさせていただきます。

JOAコロキウムは、これまで一度も途切れることなく211回にわたって毎月開催されてきました。非常に残念ですが、状況の変化をみながら、適切な時期に次回のご案内をさせていただきます。

一刻も早い新型コロナウィルス感染の終息を願うとともに、皆様には、引き続きご健勝に過ごされることを祈念しております。

<JOA事務局アドレス>
inform@olympic−academy.jp
(スパム対策のため全角表示しています)

 

 

【重要】第212回JOAコロキウム開催中止のご案内

第212回JOAコロキウム 開催中止について

新型コロナウィルス感染拡大傾向が続く現状に鑑み、3月25日開催予定であった第212回JOAコロキウムは、残念ながら中止とさせていただきます。

ご承知のとおり、いまだ新型コロナウィルスの感染拡大傾向が収まりません。参加者の皆様の安全・安心を第一に考え、中止を決定した次第です。楽しみにしてくださっていたみなさまには、何卒、ご理解賜りますよう、お願いいたします。

JOAコロキウムは、これまで一度も途切れることなく211回にわたって毎月開催されてきました。非常に残念ですが、状況の変化をみながら、適切な時期に次回のご案内をさせていただきます。

今はただただ、パンデミックとなった世界の状況を見守るとともに、一刻も早い新型コロナウィルス感染の終息を願うとともに、会員の皆様には、今回の感染問題に巻き込まれることなく、引き続きご健勝にご活躍されることを祈念しております。

 

<JOA事務局アドレス>
inform@olympic−academy.jp
(スパム対策のため全角表示しています)