2014

2015年度 海外セッション派遣募集のご案内

国際オリンピック・アカデミー(IOA)より、2015年度に開催されます各種セッションの案内が届きましたのでお知らせいたします。

ギリシャ・オリンピアで開催されるIOAの各種セッションは、世界各国のNOC/NOAを代表して、古代オリンピック発祥の地「オリンピア」に一堂に会し、オリンピズムを通じて国際交流ができるまたとない機会です。ふるってご応募ください。

JOAへの応募の締め切りは、2015年1月16日(金)です。 応募される方は、JOA海外セッション派遣委員会 大津(otsu@tokai-u.jp)までご連絡頂けると幸いです。 折り返しエントリー用紙をお送りいたします。

(注) JOAの活動(オリンピック・ムーブメントの普及)に積極的に関わって来られた会員、および今後そのように関わっていただける方をIOAに推薦したいと思います。そうした観点からの選考会を1月下旬〜2月上旬に行う予定です。

2015年度に募集するIOA主催のセッションは以下の通りです。

 

 

1. 第55回 青年国際セッション(男女各1名)

期日:5月23日〜6月6日 (アテネ、オリンピア)
MAIN TOPIC    “Olympic Movement”
SPECIAL TOPIC  “Olympic Movement: The process of adaption”.
参加資格: 20から35歳でJOAセッションに参加していること
IOAの教育的な意義を理解していること
英語、フランス語、ギリシャ語のいずれかに堪能なこと
費用負担: 各国男女一人ずつの航空料金の50%をIOCソリダリティが負担。残りは本人負担。
ギリシャ国内の滞在費、交通費はIOA負担。
募集人数: 男女各1名
IOAの〆切:2月27日

【DATES OF THE SESSION】
Arrival in Athens: Saturday, 23 May 2015
Opening Ceremony (in Athens): Sunday, 24 May 2015
Departure for Olympia: Monday, 25 May 2015
Works of the Session: Tuesday, 26 May-Thursday, 4 June 2015
Departure from Olympia: Friday, 5 June 2015
Departure from Athens: Saturday, 6 June 2015

 

2. 第11回 体育高等機関教育者及び役員のための国際セッション(2名)

期日: 7月10日~7月17日(アテネ、オリンピア)
MAIN TOPIC “Olympic Movement”
SPECIAL TOPIC “Sport as a tool for sustainability and development”
*プレゼンテーション(7分)を行う
費用: 渡航費は本人負担。ギリシャ国内の滞在費、交通費はIOA負担。
募集人数: 2名
IOAの〆切:3月13日

【DATES OF THE SESSION】
Arrival in Athens: Friday, 10 July 2015
Departure for Olympia: Saturday, 11 July 2015
Works of the Session: Sunday, 12 – Wednesday 15, July 2015
Departure from Olympia to Athens: Thursday, 16 July 2015
Departure from Athens: Friday, 17 July 2015

 

3. 第22回 大学院生オリンピック研究国際セミナー(1名)

期日: 9月1日〜9月30日(アテネ、オリンピア)
MAIN TOPIC: “The Olympic Games and the Olympic Movement: Past, Present and Future – An Analysis from the Historical, Philosophical and Social Perspectives”
SPECIAL TOPIC: “Olympic Movement: The process of renewal and adaption”.
参加資格: 45歳以下で英語に堪能であること
発 表: オリンピック研究に関する論文の要約(A4で2枚)を5月15日までに提出
費用負担: 渡航費は本人負担。ギリシャ国内の滞在費はIOA負担。
募集人数: 1名 IOAの〆切:4月3日

【DATES OF THE SESSION】
Arrival in Athens: Tuesday, 1 September 2015
Arrival in Olympia: Thursday, 3 September 2015
Works of the Seminar: Friday, 4 – Monday, 28 September 2015
Departure from Olympia: Tuesday, 29 September 2015
Departure from Athens: Wednesday, 30 September 2015

 

4. 国際オリンピック・アカデミー(IOA)大学院修士課程プログラム

IOAはギリシャ・スパルタにあるPeloponnese大学と連携し、大学院修士課程プログラムをスタートしました。 3セメスター制のプログラムとなっています。

POSTGRADUATE TITLE The Master’s degree Programme’s title is “Olympic Studies, Olympic Education, Organization and Management of Olympic Events” (MSc)
期日:  第1セメスター 2015年9月中旬から9週間
費用負担: 渡航費は本人負担。学費に関してはJohn S.Latsis基金により一部免除。        3セメスター トータル3000ユーロの学費がかかるようです。
→ 大学院プログラムについてご興味ある方には別途詳細をお送りします。

 

各セッションのJOAへの申込み〆切:2015年1月16日(金)

「オリンピックの美:東京・札幌・長野−日本のオリンピックをデザインしたクリエーターたち」展のご案内

2014年11月17日(月)から12月14日(日)まで、学習院女子大学で「オリンピックの美 東京、札幌、長野 −日本のオリンピックをデザインしたクリエーターたち」が開催されています。ぜひ、ご覧ください。

 

■会期
2014年11月17日(月)~12月14日(日)
日曜祝日休館 ただし11月30日(日)、12月14日(日)は開館
■開館時間
午前9時~午後4時半
■会場
学習院女子大学文化交流ギャラリー、就職情報室(2号館1階)
■入場料
無料

詳細は、下記の学習院女子大学URL
http://www.gwc.gakushuin.ac.jp/info/2014/11/post_433.html

展示に関するプレスリリースをダウンロードする

 

 

 

第149回JOAコロキウム 開催案内

  • 日 時:2014年12月17日(水)18:00-20:00(定例の第3水曜日)
  • 場 所:「新中野切手サロン」(地下鉄丸ノ内線「新中野」下車、4番出口徒歩1分 LAWSONのあるボニータビル6F)この日まで野崎会員の貴重な1964年東京大会の展示会です.
  • テーマ:映像で見るオリンピックの歴史
  • 内 容:2006年トリノ冬季大会の閉会式(NHK:日本語 約2.5時間)
    トリノの閉会式,どのような演出であったかご存じでしょうか.テーマは「カーニバル」.道化師やサーカス文化を遺憾なく発揮していきます.監督はどのような演出をするのでしょうか?開会式で強調した平和のメッセージは,どのように表現されていくのでしょうか?日本人旗手は誰でしょうか? ロゲ会長のスピーチは?バンクーバーへのハンドオーバー・セレモニーはどのような演出とウェルカムをするのでしょうか?聖火はどのように消えていくのでしょうか?最後の締めは一体何なのでしょうか?乞うご期待
  • 予 定:映像鑑賞含め約1時間半後、フリーディスカス。終了後:居酒屋談義です。大あみだくじ大会も!
  • 定 員:15名程度(ルームのキャパシティのため)
  • 会 費:1,000円(会場使用料、資料コピー代、ドリンク代他。居酒屋談義は別途会費をご用意下さい。)
    ◎申込先:舛本@首都大学東京宛(naomasumoto@tmu.ac.jp @は小文字)資料の準備と居酒屋予約の為
    ◎このJOA−MLに直接の返信は避けてください。関心のない方にはMLの配信がご迷惑ですので。
    ☆150回記念特別コロキウム:1月24(土)午後13:00-学習院女子大学で開催予定です。乞う,予定確保!

第148回JOAコロキウム報告

  • 日 時:2014年11月19日(水)18:00-20:00(定例の第3水曜日)
  • 場 所:「新中野切手サロン」
  • テーマ:映像で見るオリンピックの歴史
  • 内 容:2004年アテネ大会の閉会式(NHK:日本語 約2.5時間)
    前半:野崎会員の1964年東京大会コレクション展示/Agenda2020の提案解説(舛本)
    前日の11月18日に発表されたIOCの改革案Agenda2020の40の提案に対して意見交換をしました.メディアは開催種目の競技からイベント重視への変更による野球やソフトの復活,空手の新規参入,複数開催都市や国をまたいだ開催などに関心を示しています.実は,その他には,環境重視,ジェンダーイクイティ,YOG開催の1年延ばし,オリンピック価値教育普及,スポーツと文化の融合,Olympic Channel設置,スポンサーの役割など,重要な提案がいくつもあります.忘れてはならない側面であると言えるでしょう.
    後半:2006年トリノ冬季大会の開会式(NHK:日本語 約2.45時間)
    トリノの開会式,トリノらしさを出す演出といえば,工業都市,フェラーリ,ルネサンスなどでしょうか.テーマは「Passion Lives Here!」です.ローマ以来の芸術性,未来派の芸術も遺憾なく発揮されました.五輪マークは工業都市らしさ,アルプスの文化も牛やアルプホルンで演じます.サーカスやバレエなどもふんだんに演じられます.平和のメッセージには小野ヨーコ女史も登場し,ジョン・レノンの「イマジン」の一部を朗読しました.その後に「イマジン」の独唱です.平和のシンボルである白い鳩は人間による空中パフォーマンスで描かれていきました.オリンピック旗の入場には8人の女性たち,世界的に活動する女性が選ばれ,マータイ女史やソフィア・ローレンさんも登場しました.ロゲ会長の開会挨拶に「オリンピック休戦」が言及されましたが,NHKはそれを誤訳してしまいました.この言葉を知らず,「真の精神」と訳してしまいました.残念な限りです(アナウンサーのミスではなく誰かが誤訳したのでしょう).最終聖火ランナーは,トンバ,コンパニオーニではなくステファニア・ベルモンドさん.オリンピック史上最も高い塔に,花火を使って点火しました.最後の締めは,パパロッティの「誰もねてはならない」で,会場を一大オペラ会場に変えていきました.さすがにイタリアですね.
    いつもの居酒屋談義は新参加者も含めて6人でこじんまりと! 菊姫を楽しみました.

東京オリンピック50周年記念 第37回JOAセッション開催案内

下記開催要項にて「東京オリンピック50周年記念 第37回JOAセッション」を開催いたします。みなさまお誘いあわせの上、ご参加ください。

キーノートトーク、シンポジウム、クロージング・レクチャーの詳細および会場詳細図が記載された開催要項は
↓こちらからダウンロードしていただけます

開催要項をダウンロードする

 

東京オリンピック 50 周年記念 第 37 回 JOA セッション 開催要項
オリンピズムの普及と浸透 新たな挑戦の意義とビジョンを展望する

わが国のオリンピック・ムーブメントは 1909 年、嘉納治五郎の IOC 委員就任がその幕開 けとなり、50 年前の東京オリンピックの招致・開催は躍進の弾みとなった。6年後の東京 オリンピック・パラリンピックは、これから 50 年先のオリンピック・ムーブメントを方向 づける挑戦と革新の機会となるはずである。

2014 年の今年、日本オリンピック・アカデミーは 2020 年を視野に「オリンピズムの普 及と浸透」という中期目標を定めた。これより6年間は、人々の関心をオリンピック競技 大会への期待ばかりではなく、広くオリンピック・ムーブメントへの参加促進、更には、 オリンピズムそのものの理解へと誘うチャンスでもある。

前回の東京オリンピックから 50 周年目にあたる今年の JOA セッションでは、オリンピッ ク・ムーブメント半世紀の歩みを振り返ると共に、2020 年東京オリンピック・パラリンピ ックを見据え、国民へのオリンピズムの普及・浸透につながる新たなオリンピック・ムー ブメントのビジョンとその実現を展望し、課題の明確化と共有を図りたい。

日 時:2014 年 11 月 30 日(日) 13:00〜17:30 (懇親会 17:45〜19:30)

会 場:学習院女子大学 2号館3階236教室
(東京メトロ副都心線「西早稲田」駅より徒歩1分)

主 催:特定非営利活動法人日本オリンピック・アカデミー

後 援: (申請中)
国際オリンピック委員会
国際オリンピック・アカデミー
国際ピエール・ド・クーベルタン委員会
外務省
文部科学省
独立行政法人日本スポーツ振興センター
公益財団法人日本オリンピック委員会
公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会
公益財団法人日本体育協会
公益財団法人ミズノスポーツ振興財団
一般財団法人嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター
一般財団法人日本オリンピアンズ協会
一般財団法人日本パラリンピアンズ協会
(順不同/敬称略)

協 力:(申請中)
一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
筑波大学オリンピック教育プラットフォーム
(順不同/敬称略)

<日 程:>

12:15 〜 受付開始 ( 学習院女子大学2号館3階236教室 )

13:00 開会式 オリンピック賛歌

主催者挨拶 笠 原 一 也 日本オリンピック・アカデミー会長
御来賓挨拶 文部科学省スポーツ・青少年局 坪 田 知 広 競技スポーツ課長
御来賓挨拶 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 武 藤 敏 郎 専務理事(事務総長)

13:30~14:20 キーノート・トーク

「IOCによるオリンピズム普及の取り組みと成果」
猪 谷 千 春 国際オリンピック委員会名誉委員(元・副会長)

14:40~16:40 シンポジウム

「オリンピズムの普及と浸透〜1964 東京からの歩みと 2020 TOKYO を見据えて〜」

荒 井 啓 子(日本オリンピック・アカデミー専務理事)
真 田 久(筑波大学オリンピック教育プラットフォーム事務局長)
竹 内 浩(共同通信論説委員)
松丸 喜一郎(日本オリンピック委員会理事事業専門部会長)

16:50〜17:20 クロージング・レクチャー

「オリンピズムの新たな価値と可能性」
関 根 正 美(日本オリンピック・アカデミー会員、日本体育大学教授)

17:30 閉会式

主催者挨拶 藤 原 庸 介(日本オリンピック・アカデミー副会長)

17:45~19:30 懇親会
学習院女子大学 戸山ラウンジにて(会費制)

【参加申込みについて】

方法:必要事項を記載したメールまたはファクシミリをお送りください。
*電話でのお申込み受付はできません

メール:naruse@taiiku.tsukuba.ac.jp(スパム対策のため全角表示)
F  A  X:(029)853−6360

申込みに必要な記載事項:「件名」に「JOAセッション参加申込み」と記載し、以下についてお知らせください。
①氏名、②勤務先(学生の場合は、学校名と学部生・大学院生の別)、③連絡先電話番号、④メールアドレス、⑤会員種別(正会員・一般会員・非会員)、⑥懇親会の参加・不参加

参加費:会員1,000円 非会員1,500円 院生・学生は無料

懇親会費:会員・一般会員5,000円 院生・学生3,000円

*参加費は当日受付にてお支払いください。

 

キーノートトーク、シンポジウム、クロージング・レクチャーの詳細および会場詳細図が記載された開催要項は
↓こちらからダウンロードしていただけます

開催要項をダウンロードする