Author Archive

第194回JOAコロキウム 開催案内

第194回JOAコロキウム 開催案内

・日 時:2018年9月27日(木)18:00-20:00

・場 所:岸記念体育会館1F「スポーツマンクラブ」(最寄駅:JR原宿駅)

・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」

・内 容:

①若手の発表・報告:(未定)

②オリンピック・パラリンピック関係の情報提供

③2018年平昌パラリンピック大会開会式の映像(NHK:約2.5時間の前半)
平昌のパラリンピック大会の開会式の前半の様子を観ましょう。パーソンズIPC新会長はどのようなメッセージを世界に送るのでしょうか?日本選手団の入場行進の様子は?韓国はどのような文化発信を?

・予 定:映像鑑賞含め約1時間半後、フリーディスカス.終了後は恒例の情報交換会. 

・定 員:12名程度(座席のキャパシティのため)

・会 費:1,000円(資料コピー代,ドリンク代,茶菓子代他).学生会員およびゲストは無料.

〇 情報交換会には別途会費(4,000〜5,000円程度)が必要。会場:原宿か渋谷駅周辺(「えん渋谷店」が工事中のため)、予約のため、必ず参加申し込み願います。

 

◎申込先:JOAコロキウム申し込みサイト:joa_colloquium@olympic-academy.jp
(@は小文字に)メール送信の際には、件名を「JOAコロキウム参加申込み」とし、①ご氏名、②情報交換会への参加の有無をお書き下さい.多くの皆さまのご参加をお待ちしております。
〇申込み締め切り:9月25日(火)12:00厳守

<JOA事務局アドレス>inform@olympic−academy.jp(スパム対策のため全角表示しています)

 

第193回JOAコロキウム 報告

第193回JOAコロキウム 報告

・日 時:2018年8月20日(月)18:00-20:00

・場 所:岸記念体育会館1F「スポーツマンクラブ」

・参加者:12名(学生2名含む)

・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」

・内 容:
①2020年東京大会時のJOAの活動案およびJOAコロキウム部門イベント案の検討

②種々情報提供:「e-スポーツ、もっと論議を」(佐藤次郎委員)

③アジア大会の国旗の取扱問題(吹浦会員)

④オリンピック・パラリンピック関連情報の提供
・アジア大会:開会式の様子(朝日新聞)、JSCによるPOCARI SWEAT OASIS(各国強化関係者の交流拠点)の初開設、バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途(毎日新聞).
・IOC関係:マセソン美季さんIOCの教育委員会委員就任(IPCニュース、パラサポセンターニュース)
・TOCOG情報:8月25日パラリンピック開催2年前イベント、開閉会式の「チーム萬斎」始動(日本経済新聞、IOCニュース)、酷暑の大会関係ニュース(赤旗、産経新聞)、大会中の朝の大混雑予想(東京新聞)、東京五輪装飾デザイン、伝統色で藍、紅、桜などが基本カラー(東京新聞、TOCOGニュース)、大学連携のボランティア募集説明会(毎日新聞他)(以上、舛本)

⑤2016年リオパラリンピック大会閉会式(NHK:約5時間の後半)
リオのパラリンピック大会の閉会式の後半を観ました。韓国の女性の寄付によって1988年から始まったファン・ヨンデ賞の2名の表彰、IPCの新アスリート委員の紹介、ボランティアへの感謝表明、競技ハイライトに続いてフラッグハンドオーバーセレモニー、小池知事にパラリンピック旗が引き渡された後、ウェルカムパフォーマンスが演じられました。椎名林檎ワールドの展開です。引き続きヌズマン組織委員会会長とクレイバンIPC会長のスピーチ。前日に事故で亡くなったイランの自転車競技のバーマン・ゴルバルネジャド選手の追悼の黙祷も。雨の中、風車の風で聖火を消すパフォーマンスでした。次は2020東京へのメッセージも。

⑥情報交換会は、今回も「えん渋谷店」にて、10名での懇親会でした。200回記念コロキウム案、2020年JOA企画など、今回も様々な議論に花が咲きました。

 

<JOA事務局アドレス>inform@olympic−academy.jp(スパム対策のため全角表示しています)

 

日本オリンピック・アカデミー創立40周年記念事業  第41回JOAセッションについて

創立40年を迎える今年のJOAセッションは、東京2020に向けて展開中の「オリンピック教育」の現状と問題点を探り、大会後の理想的なあり方とその実現に果たすJOAの役割を展望します。詳細が決まり次第、随時、ご案内する予定です。

 

日 時: 2018年12月1日(土)13:30〜、懇親会18:00〜

会 場: 武蔵野大学 有明キャンパス1号館(東京都江東区有明3-3-3)

テーマ: 「オリンピック教育 継続と充実」

内 容: 講演、パネル・ディスカッション、懇親会

登壇予定者: 真田  久     JOA副会長、筑波大学教授

       小宮山 詠美 東京都教育庁指導部指導企画課指導主事

       大林 太朗  JOA会員、筑波大学助教(オリンピック研究教育センター)

       岡山  憂  JOA会員、川崎市立下作延小学校教務主任 

       來田 享子     JOA理事、JOC部会員、中京大学教授

 

第192回JOAコロキウム 報告

第192回JOAコロキウム 報告

・日 時:2018年7月27日(金)18:00-20:00

・場 所:岸記念体育会館1F「スポーツマンクラブ」

・参加者:9名(学生1名含む)+情報交換会から2名参加(計11名)

・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」

・内 容:

①種々情報提供
スポーツを語り合う会、朝日新聞ボランティアシンポジウム(7月7日)、JOCオリコン2018in川越、ロシアW杯サッカー観戦報告(以上、粟沢会員)

②東京2020オリンピックカウントダウンイベント報告(7月24日東京スカイツリータウン)、多摩市平和展紹介(以上、青柳委員)

③オリンピック・パラリンピック関連情報の提供
・IOCの動向各種情報:IOC理事会(2020大会競技日程、2022新種目、2024新種目)、2022YOGアフリカ開催4都市案、2018平昌パラ「国連障がい者人権条約賛同の壁」、IOC理事会改革案、eスポーツ・フォーラム開催報告、IOC新委員候補(Andrew Parsonsと渡辺守成)
・TOCOG情報:聖火リレー日程、ボランティア募集、性別変更選手出場問題、東京2020NIPPONフェスティバルのロゴマーク、競技日程公表、マスコット名前公表、2年前カウントダウンイベント報告
・新聞記事等被災地つなぎリレー(東京新聞)、暑熱五輪報道(東京新聞)、来年大河「いだてん」(スポニチ)
・『最後のランナー』鑑賞記:(以上、舛本委員)
・西川千春氏出版記念イベント、Sevens Festival, 「渋谷でスポーツ文化を語る会」(以上、飯塚委員)

④2016年リオパラリンピック大会閉会式(NHK:約2.5時間の前半)
リオのパラリンピック大会の閉会式の様子の前半を観ました。NHKアナは山田賢治、ゲストには鈴木大地、河合純一、風間俊介の3名。南米初のパラリンピックの終幕、難民選手団の旗手を先頭の入場。自転車競技でイランのバーマン・ゴルバルネザド選手が死亡したので、半旗で入場するイランの旗手。ブラジルの障がい者の音楽演奏と車椅子ダンスチームのパフォーマンスから。リズムと色使いはブラジルらしさを存分に発揮。

⑤情報交換会は、今回は「えん渋谷店」に変更。8名での懇親会でした。200回記念コロキウム案、2020年JOA企画、新国立競技場問題、初参加の野上さんの研究紹介など、今回も様々な議論に花が咲きました。

 

<JOA事務局アドレス>inform@olympic−academy.jp(スパム対策のため全角表示しています)

 

第190回JOAコロキウム 報告

第190回JOAコロキウム 開催報告

・日 時:2018年5月23日(水)18:00-20:00

・場 所:岸記念体育会館1F「スポーツマンクラブ」(最寄駅:JR原宿駅)

・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」

・内 容:

①    オリンピック・パラリンピック関連情報の提供

  • 2020大会組織委員会CFO中村英正氏講演要旨(今井会員)
  • 日大アメフト問題にある「ゆがんだ構図」、ラグビーW杯 街づくりの起爆剤に(以上、日本経済新聞)
  • 「五輪を語ろう」最終走者 誰が担う? 聖火リレー全体像 聖火ランナー選考「他薦」も検討、東京都方針 五輪期間 宿泊税取らず 公約から対象拡大(以上、毎日新聞)
  • 30年目標変更 早期結論を 冬季五輪招致で札幌など、東京五輪 入場券価格は継続協議 有識者会議で論議、五輪で「泳げる川」実現へ パリと港区が協力、ホテルのバリアフリー遅れを懸念 IPC東京パラ準備で(以上、東京新聞)
  • TMU2020伝道講座Ⅲ、IOC announces first ever Olympism in Action Forum, Buenos Aires 2018 YOG、東京2020教育プログラム学校事業認証について、上智大学平昌パラリンピック調査団調査報告会、蘇演から60年を迎えた『オリンピック賛歌』の物語(以上、舛本)

②    2016年リオパラリンピック大会開会式(NHK:約1.5時間)

リオのパラリンピック大会の開会式の様子を一部観ました。開会式のテーマは”The heart has no limits. Everybody has a heart.”IPCのクレイバン会長がロンドンから身支度をしてリオの会場に姿を現す。車椅子の選手がスロープで大ジャンプし、式典の開始でした。サンバやボサノバのリズムに合わせたビーチ風景がブラジルらしさを描き出します。選手の入場行進はIPA(難民選手団)からでした。組織委員会のヌズマン会長は’You are superhuman’ そして私たちのヒーローだと呼んでいました。IPCのクレイバン会長の挨拶の後、ブラジルのテメル大統領の開会宣言、スタジアム内からは大ブーイングでした。ブラジル政治の一端を表していました。後半では、光の棒を持った人々のパフォーマンスと、障がいのある2人によるダンスパートまで観ました。

情報交換会は今回も「惣兵衛」で開催。13名での大人数での懇親会でした。日大問題、サッカー日本代表監督問題、大谷翔平の活躍やプロ野球談義もあり、今回も様々な議論に花が咲きました。