お知らせ」カテゴリーアーカイブ

【重要】オンライン会議システムでの総会開催について

【重要】2020年度通常総会に関するお知らせと資料送付について

時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

2020年度のJOA通常総会に関してお知らせがございます。当初今年度総会は5月10日を予定していましたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が出されていたことから、JOAでは会員の生命と健康を第一と考え今年は実際に会員が一か所に集まることを避けて書面による表決で総会を行おうと計画しました。

この方針に基づき特定非営利活動促進法第14条9およびJOA定款第28条3項に則って書面によるいわゆる「みなし総会」の実施を次善の策として試み、今年4月26日付で会員の皆様に書面での回答をお願いしました。この方法は、会員の「三密」を防ぎ、郵便またはメールという慣れ親しんだ方法を用いた文書による議決権の行使および意見の提示をしていただくことができるものでした。

一方で、提案に対し書面にて正会員全員の同意を得られなければ、提案を可決することができず(特定非営利活動促進法第14条9およびJOA定款第28条3項)、総会は無効になります。結果として、今回の書面表決による総会では、160名の正会員全員からの回答を得られなかったため、提案を可決することができなかったことをご報告いたします。なお、回答いただいた100名全員から同意の回答を頂きましたことを申し添えます。(無回答52名、住所不明のため返送8名)

書面での回答にご協力いただいた会員の皆様には、心より感謝いたします。以上のことから、法の定めに従い、6月中に再度、総会を開催することになりました。

5月31日開催の理事会では、緊急事態宣言解除後の集会開催に関する政府の方針、東京都内ではいまだに日々2ケタの新型肺炎感染者が出ている状況、感染拡大の第二波が懸念される都市があることなどを踏まえ、多くの会員に一か所に集まっていただくのは避けるべきとの判断を再確認しました。このため今年度のやりなおし総会は、「三善の策」として、内閣府が提示した特定非営利活動法人制度の運用に関する情報を参照し、「オンライン会議システムによる開催」とし、通常総会同様、委任状もしくは書面による表決も活用していただけるようにします。総会へのご出欠のご連絡と手順については別紙をご参照ください。今回の総会のために使用するオンライン会議システムの利用方法については、下記のダウンロードサイトに簡易なマニュアルを準備しましたので、ご活用ください。

◆ 会員に郵送された関係書類をダウンロードする会員専用サイト
  (パスワードはメルマガにてお知らせしています)

◆ オンライン会議形式による通常総会への出欠届送信サイト

<通常総会のご案内>
*日 時 

2020年6月28日(日) 15:00~16:30(予定)
*場 所 
オンライン会議システム(zoom)による開催
*目 的 
2019年度の活動および財政状態の報告

*次 第

  • 開 会
  • 記の選任
  • 議長選出
  • 議事録署名人の選任
  • 審議事項
    第1号議案 2019年度 活動報告について【資料1】第2号議案 2019年度 活動計算書について【資料2】第3号議案 2019年度 監査報告について【資料3】
  • 報告事項
    1.2020年度活動計画について【資料4】2.2020年度活動予算書について【資料5】3.2020年度海外セッション派遣について【資料6】4.新会員について【資料7】5.公益財団法人ミズノスポーツ振興財団からの2020年度助成について【資料8】
  • 閉 会

<総会資料に関するお願い>

4月に全会員に送付させていただいたものと内容の変更はありません。環境への配慮および会員からお預かりした会費を有効に支出するための配慮から、可能な限り、4月に郵送にてお送りした紙媒体での資料またはJOAホームページからダウンロードできるデジタル資料をご活用ください。上記のいずれもご活用いただくことが難しい場合は、事務局までご連絡ください。改めてお送りいたします。

◆ 会員に郵送された関係書類をダウンロードする会員専用サイト
  (パスワードはメルマガにてお知らせしています)

◆ オンライン会議形式による通常総会への出欠届送信サイト

 

 

IOA海外セッション参加者募集のご案内

JOA会員各位
 
国際オリンピック・アカデミー(IOA)より、大学院生オリンピック研究国際セミナーの 申し込み期限延長の連絡が入りました。また、大学院修士課程プログラムの応募者がいらっしゃいませんでしたので、上記2つのプログラムについてご案内をさせて頂きます。
 
申込み〆切
大学院修士課程プログラム 5月24日(日)
大学院生オリンピック研究国際セミナー  5月31日(日)
 
応募される方は、JOA事務局メールアドレス宛にメール表題「”プログラム名”応募について」として、ご連絡ください。海外セッション派遣委員会IOAセッション担当者より折り返し要項、エントリー用紙をお送りいたします。
 
<プログラム概要>
 
1. 国際オリンピック・アカデミー(IOA)大学院修士課程プログラム 2020-2021
POSTGRADUATE TITLE The Master’s degree title is “Olympic Studies, Olympic Education, Organization and Management of Olympic Events”
IOAでは2009年からギリシャ・スパルタにあるPeloponnese大学と連携し、大学院修士課程プログラムをスタート。3セメスター制のプログラム。

期日:First Semester: 2020910日〜1115
    Second Semester: 202148日〜620日    

費用負担: 渡航費は本人負担。
学費:  3セメスター 計3,000ユーロ
 
2. 大学院生オリンピック研究国際セミナー

期日:2020921日~927
MAIN TOPIC: “The Olympic Games and the Olympic Movement: Past, Present and Future – An Analysis from the Historical, Philosophical and Social Perspectives”
SPECIAL TOPIC: “Mega Sport Events and Human Rights”

参加資格:45歳以下で、英語に堪能であること
発 表:オリンピック研究に関する論文の要約(A42枚)を720日(月)までに提出
募集人数:1名
スケジュール:14時~17時(中央ヨーロッパ夏時間)に講義、質疑応答を行う

注 本年の参加者に限り、翌年以降オリンピアで開催されるセミナーに再応募することが出来る

2020年度通常総会(書面)のご案内

新型コロナウィルス感染症への対応・対策に関し、最大限の努力を傾注されている世界中のみなさまに、深く敬意を表します。また、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会の延期決定を受け、様々な調整をされているオリンピック・ムーブメント関係者のみなさまにも、感謝の意を表します。

このような中、生命の安全、社会の安定を何よりも優先する観点から、2020年度通常総会の審議を書面表決により実施することになりました。

特定非営利活動法人日本オリンピック・アカデミー2020年度通常総会(書面)

JOAから各会員宛に、総会案内状、総会資料、書面表決書等、関連書類を郵送いたしました。2020年5月17日(日)までに、書面表決書にご記入の上、返信用封筒、Eメール、FAXのいずれかにてご提出くださいますようお願いいたします。

書面表決書は、本ホームページの会員専用ページからダウンロードしていただくこともできます。(ダウンロードに関する詳細は、会員専用メールマガジンにてお知らせします)

また、在宅勤務等の都合から、郵便物の受け取りができない場合は、上記会員専用ページに送付された資料を一括して掲載しましたので、ご活用ください。

総会定足数は正会員総数の2分の1以上の参加(定款第27条)のため、正会員総数の2分の1以上の書面表決書の提出を今回の総会定足数とみなします。なお、一般会員の書面表決書の提出は成立条件とは無関係になります。一般会員は総会での議決権はありません(定款第6条(2))が、参加および意見表明はできますので、正会員との区別無く書面表決書を提出して頂きたくお願い致します。

ご不明な点等、お問合せは、下記のJOA事務局アドレスまでお願いします。

inform@olympic−academy.jp
(スパム対策のため全角表示しています)

 

「国際オリンピック委員会の百年」全巻翻訳

「国際オリンピック委員会の百年」第2巻の全文翻訳をJOA公式サイト「デジタルライブラリー」に掲載しました。第2巻は、これまで掲載されていた第1章に今回の第2章を加えることで、全文翻訳となりました。また、これにより「国際オリンピック委員会の百年」全巻(第1巻から第3巻)の翻訳を完了いたしました。

 

なお、本コンテンツは、穂積八州雄氏がIOCから版権を許諾され、翻訳した作品を氏のご厚意により、JOA公式ホームページ上にデジタルファイルとして公開するものです。2011年から掲載をはじめ、本年全巻の翻訳を終えることとなりました。穂積会員の多大なるご尽力とご厚意に心より感謝申し上げます。

 

「国際オリンピック委員会の百年」第1巻・2巻・3巻(全文翻訳)は、JOAデジタル資料からアクセスできます。

JOAデジタル資料はここをクリック

 

名誉役職者の就任について

 

JOA名誉役職規程に則り、以下の方々に対し、名誉役職者としての就任について望月会長から委嘱がなされ、決定いたしました。

最高顧問 猪谷千春氏(元IOC副会長、元JOA会長)

名誉会長 笠原一也氏(前JOA会長)