2019

第210回JOAコロキウム報告

第210回JOAコロキウム 開催報告

・日 時:2020年1月22日(水)18:00-20:00

・場 所:JSOSの3F「スポーツマンクラブ」

・参加者:6名(学生1名を含む)、情報交換会から参加者1名

・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」

情報提供
①「2020年ローザンヌ冬季YOG」視察報告(舛本)

②著作紹介『オリンピック・パラリンピックを学ぶ』(岩波ジュニア新書、2020)(後藤光将編著)(舛本)

③JOC「オリンピックコンサート2020プレミアムサウンドシリーズ」(4月4日)紹介(舛本)

④オリンピック関連情報の提供
・東京2020高校生英語スピーチコンテスト(TOCOG):「休戦のムラール(壁)」と表記する、相変わらずの誤解のままの組織委員会の平和運動担当者。「オリンピック休戦の壁画(Olympic Truce Mural)」と2016年リオ大会から決定されています。「ムラール」ではなく「ミューラル」、「壁」ではなく「壁画」です。これは世界共通の理解事項です。組織委員会には、正しい情報発信を望みます。(他にも間違っている事項がありますが、、。)
・国連総会、東京2020開催中のオリンピック停戦を全加盟国に呼びかけ(NU News記事・日本語訳)(国連広報センター、20191227)
・UN Assembly calls on all States to observe Olympic Truce throughout Tokyo Summer Games(UN News 20191209)
・森会長によるオリンピック休戦決議に関する国連総会演説(2019年12月9日)(TOCOG)
・Tokyo 2020 Unveils Official Art Posters to Celebrate the Games (IOC, 20200107)
・Gangwon 2024: Legacy of PyeongChang 2018 Lives on in First Winter Youth Olympic Games Awarded to Asia (IOC, 20200110) (以上舛本)

⑤オリンピック関連の映像
『Vancouver 2010: Stories of Olympic Glory』(バド・グリーン監督の遺作、2011年、116分の後半)
2010年バンクーバー冬季大会、グリーンスパン監督の制作メンバーが編集・完成させた作品の後半。全部で6つの物語のうち残り3本を観ました。
第4話:アメリカのクロスカントリーチームの大活躍の物語。先ず、クロカンスキーの歴史を振り返る。トッド・ロドウィック、ジョニー・スピレーン、ビル・デモンらのアメリカのクロスカントリーチームが団体で銀メダル、個人でもロドウィックとスピレーン、デモン等が大活躍。表彰台に2本、星条旗が翻るほどの成績を残す様子を描いていく。
第5話:ペトラ・マジッチ(スロベニア)の骨折を押しての銅メダル:クロカン女子クラシカルスプリントで、ウォーミングアップ中にコースアウトして転落し、骨折したマジッチ。怪我を押して出場。予選、準決勝、決勝と痛みをこらえながら大奮闘のレース。最後の力を振り絞って3位に。レース後診断の結果、5本肋骨が折れていた。医者は表彰式への出場など論外と言うが、この日のために練習してきたというマジッチ、支えられながらの表彰台。笑顔が良い!
第6話:カナダの国技アイスホッケー物語:アイスホッケーの歴史を描き出すグリーンスパン。1920年アントワープ夏季大会で初登場したアイスホッケー。「氷は敵ではなく友達だ」というカナダのホッケーファン。熱狂的な市民、女子選手達も意気盛ん。1998年長野でもカナダが女子で優勝。しかし、長年の強敵のライバルはアメリカ。予選トーナメントではアメリカに苦杯をなめたカナダ、決勝では延長戦に、サドンデスで、シンディ・クロスビーの股抜きショットでカナダの劇的勝利。試合の時間にはカナダ中の通りには人がいない? 最後のナレーションは「Hockey is Canada’s Game」やはりこれですね。カナダの国技は「ホッキー」なのです!

残り時間はフリーディスカス。終了後は、いつもの「燈庵」で恒例の情報交換会。1名遅れて参加ながらも、ローザンヌYOGがらみの話など、いつものように話題は尽きず。おでんをつまみながら、楽しく時間が過ぎていきました。

 

<JOA事務局アドレス>
inform@olympic−academy.jp(スパム対策のため全角表示しています)

 

 

第209回JOAコロキウム報告

第209回JOAコロキウム 報告

・日 時:2019年12月23日(月)18:00-20:00

・場 所:JSOSの3F「スポーツマンクラブ」

・参加者:12名(学生1名を含む)

・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」

情報提供
①「クーベルタン-嘉納ユースフォーラム2019」報告:12月21-22日、筑波大学附属中高校桐蔭会館他、主催東京都高体連研究部他、高校生約27名参加(青柳委員)

②著作紹介『1964東京五輪 ユニフォームの謎』(光文社新書、2019)(安城寿子会員)

③埼玉県の都市ボランティア選択型研修会:10月26日、11月27日、12月15日分(唐沢、樋口会員)

④オリンピック関連情報の提供
・IPCとNHKがパラ公式映画を共同製作(産経新聞20191211)
・メダルより自己実現の自由を 東京五輪代表100メートルか200メートルかの条項案(産経新聞20191216)
・都市型スポーツ世界大会 来年4月に広島で 五輪につながる(産経新聞20191219)
・国内候補地、応募は札幌市だけ 30年冬季五輪、理事会に報告へ(東京新聞20191220)
・聖火リレー1番手は「なでしこ」 858市区町村巡る、著名人起用(東京新聞20191217)
・東京五輪2020主な聖火ランナー(TBSテレビ)
・モスクワ五輪「幻の代表」集合 ボイコット、40年前の苦い記憶(東京新聞20191221)
・小学校の五輪・パラ観戦、辞退相次ぐ 熱中症を懸念(朝日新聞DIGITAL20191210)
・東京五輪で日本から「カネがなくなる」~200億円のスポンサー料(現代ビジネス20191223)
・国連オリンピック休戦決議全文(国連20191209) (以上舛本)

⑤ オリンピック関連の映像
『Vancouver 2010: Stories of Olympic Glory』(バド・グリーン監督の遺作、2011年、116分の前半)
2010年バンクーバー冬季大会、グリーンスパン監督はこの記録映画の完成前に亡くなりましたが、意志を継いだ彼の制作メンバーが編集・完成させました。開会式は初の屋内競技場、聖火点火時のトラブルは有名です。聖火台はウォーターフロントに設置され大人気でした。大会開始前のリュージュの練習中にグルジアのノダル・クマリタシビリ選手が事故死、IOCのロゲ会長は哀悼の意を表して開会の挨拶。今回は全部で6つの物語のうち3本を観ました。
〇第1話:女子モーグル、ジェニファー・ハイルとハンナ・カーニーの加米の戦い。カナダチームの強化策、Own the Podium策も紹介。サイプラス・マウンテンでの雨中の決戦。両選手のインタビューを交えながら、過去の大会からの因縁、予選から決勝までを描き出しました。残念ながら、4位に終わった上村愛子の姿は映らず。
〇第2話:フィギュアスケートの男女ペア、中国のペア申雪+趙組の夫婦ペア、癃清+佟健組、それに共通のコーチだった姚濵が成果を上げる。申雪組は2002年のソルトレークシティの銅メダル以降も活躍。アリオナ・サフチェンコ組(独)が銅メダル(この組は平昌では金)、中国が初めて2組ペアで表彰台に。ロシアの川口組は4位に終わる。
〇第3話:女子スピードスケートのカナダのクララ・ヒューズ物語。アトランタの自転車個人ロードレースで銅メダリストのヒューズは、2002年ソルトレークシティ5000mでスケートに復活、銅メダルを獲得し夏冬両大会で4人目のメダリストに。2006年トリノでは金メダル、彼女はバンクーバーでも銅メダルを獲得する息の長い選手。同時にヨハン・オラフ・コスが主宰するRight to Playに寄付し、彼の活動も一緒に支えている。引退後はその活動を中心に。
残り時間はフリーディスカス。終了後は、いつもの「燈庵」で恒例の情報交換会。12月は恒例のプレゼント交換のための大阿弥陀籤大会でした。東京2020大会の最終聖火ランナーをそれぞれが予想するなど、いつものように話題は尽きず。鍋をつつきながら、楽しく時間が過ぎていきました。

<JOA事務局アドレス>
inform@olympic−academy.jp(スパム対策のため全角表示しています)

 

 

「国際オリンピック委員会の百年」全巻翻訳

「国際オリンピック委員会の百年」第2巻の全文翻訳をJOA公式サイト「デジタルライブラリー」に掲載しました。第2巻は、これまで掲載されていた第1章に今回の第2章を加えることで、全文翻訳となりました。また、これにより「国際オリンピック委員会の百年」全巻(第1巻から第3巻)の翻訳を完了いたしました。

 

なお、本コンテンツは、穂積八州雄氏がIOCから版権を許諾され、翻訳した作品を氏のご厚意により、JOA公式ホームページ上にデジタルファイルとして公開するものです。2011年から掲載をはじめ、本年全巻の翻訳を終えることとなりました。穂積会員の多大なるご尽力とご厚意に心より感謝申し上げます。

 

「国際オリンピック委員会の百年」第1巻・2巻・3巻(全文翻訳)は、JOAデジタル資料からアクセスできます。

JOAデジタル資料はここをクリック

 

若手スポーツリーダーキャンプ派遣者募集のご案内

JOA海外セッション派遣委員会からのお知らせです。

シンガポールオリンピック財団が主催する「第2回South East Asia Youth Sports Leaders Camp」の案内が届きましたのでお知らせいたします。

この研修の目的は、「アジアからの約140名の若手リーダーに、リーダーシップに関する経験的な学習とアジアの若手リーダー間の強固な絆を築く」というものです。

JOAへの応募の締め切りは、2019 年12月9日(月)です。

応募される方は、JOA事務局メールアドレス宛にメール表題を「 海外セッション派遣(シンガポール)の応募について」として、ご連絡ください。 担当委員会より折り返しエントリー用紙をお送りいたします。

1)選考について

JOAの活動(オリンピック・ムーブメントの普及) に積極的に関わって来られた会員、 および今後そのように関わっていただける方を推薦します。この観点からの選考会も実施予定です。別途、 応募された方にご連絡いたします。

2)その他

語学(英語)が堪能であることが求められます。

第2回 South East Asia Youth Sports Leaders Camp

期日:2020年3月6日~15日
参加資格: 17から23歳まで男女2名ずつ計4名
費用負担: シンガポールまでの往復渡航費は本人負担。
シンガポール国内での食事・宿泊などの滞在費は
現地組織委員会が負担。

会員向けセッション募集要項原文(英語版)をダウンロードする

この派遣のJOAへの申込み〆切:2019年12月9日(月)

 

 

第208回JOAコロキウム報告

第208回JOAコロキウム 報告

・日 時:2019年11月28日(木)18:00-20:00

・場 所:JSOSの3F「スポーツマンクラブ」

・参加者:10名(学生1名含む)

・テーマ:「映像で見るオリンピックの歴史」

情報提供
①ドイツNOAメンバー交流および絵本の紹介(青柳委員)

②TOCOGの動向(開会式や国旗など)(吹浦会員)

③国立映画アーカイブの「オリンピック記録映画特集」の記者発表および上映状況(パンフレット配布)(舛本)

④オリンピック関連情報の提供(舛本)
・五輪壮行会、公開を原則容認 JOC、規制緩和で対応(東京新聞20191120)
・山下泰裕氏、IOC委員候補へ 東京五輪前にパイプ強化(東京新聞20191124)
・五輪相「30年大会招致近づく」 マラソン札幌移転で(東京新聞20191123)
・札幌やきもき 五輪・・・夏の催し例年通り?(朝日新聞20191116)
・五輪2次抽選、645万件アクセス 公式販売サイト、「強い関心」(東京新聞20191126)
・日本、「多様性と調和」訴えへ 五輪休戦決議で(東京新聞20191124)
・五輪、ロシアは個人資格参加へ WADA処分案、改ざん「深刻」(東京新聞20191126)
・東京五輪選手の被災地訪問を提案 JOC加盟団体会長会議(東京新聞20191126)

⑤オリンピック関連の映像
『The Everlasting Flame: Beijing 2008』Jun Gu監督(2009年、101分)
2008年北京大会の公式記録映画は呉監督。ご存じの有名監督チャン・イーモウは開閉会式演出の総合監督。オープニングは採火式から聖火リレーへと続く。国際聖火リレーの大混乱ぶりは何も触れず。開会式の企画と準備風景、この後物語り化されるオリンピアン達をさらりと写す。聖火リレーではエベレスト頂上へのリレーをしっかり記録している。開会式の花火から壮大な絵巻物、リ・ネイの空中ランニング点火をしっかり写す。選手入場行進は初めてアルファベット順ではない。ポールから吹き出す風で旗をなびかせようとする工夫。花火も風もまがい物か? スーパースターはウサイン・ボルト、歌い踊り普段のボルトや優勝後の仕草や誕生日に200mで優勝したお祝いのソングなど。一方、110mハードルの国民的期待の劉翔の棄権にはスタンドもがっかり。女子体操団体の中国とアメリカ対決、しっかり描かれる。テコンドーのイラン男子ハディ・サエイ選手、イランの女子選手の競技風景も。国民的娯楽の卓球のカバー映像が少ないのに驚く。イシンバエアの女子棒高跳びの優勝シーンも挿入。スローで様々な競技の選手達の悲喜こもごもの姿を捉える。物語は、長距離のハイレ・ゲブラセラシエなどごく僅か。多くの種目を短時間で組み込んで紹介する作品になっている。閉会式はパーティモ-ドで大祝祭。IOCのロゲ会長は「アスリートはロールモデル、この大会はtruly exceptional Games」と締めくくった。何が特別な大会だったのであろうか? ロンドンのウェルカムパートはサッカーのスーパースター、ベッカムも写す。ボリス・ジョンソンロンドン市長にIOC旗が手渡された。

終了後は恒例の情報交換会。いつもの「燈庵」で開催。参加者の間で話題は尽きず、寒いので鍋をつつきながら、楽しく外苑の夜は更けていきました。

 

<JOA事務局アドレス>
inform@olympic−academy.jp(スパム対策のため全角表示しています)